2018年12月31日

(再)昭和の日本レコード大賞 1971年最優秀新人賞 当時は賞に威厳と感動がありました。

わたしの城下町小柳ルミ子
感動と涙の発表シーンです

四季の草花が咲き乱れ 
わたしの城下町
美しい日本語ですねぇ〜

好きだとも言えずに
歩く川のほとり・・・ 

なんかジ〜〜〜ンときます

美しい日本を大事にしましょう

昭和のレコ大。。。
あぁ〜、いい映像ですねぇ〜。

遠い昔ですねぇ〜。

この頃の
日本レコード大賞
歌詞良し
曲良し
そして歌い手も良し
全て良かったですね

後ろに南沙織さんがいる!

とても今のアイドルじゃ
この歌唱力は出せません!

やさしい寄り添いが
素晴らしいです

平尾さんとルミ子さん、、
ツウショット、、
いいですよね・・・
それと、やはり、
平尾昌晃氏の歌声、
超うまい!!

関係者の皆さんに祝福されて
とっても微笑ましかったですね。

当時は必ず
レコ大みて
紅白へが
大晦日の風物詩だった
ように思います

今のレコード大賞
レコードではなくて
CD大賞パフォーマンス大賞では?
歌唱力では成立していないように思います。

【関連する記事】
posted by マッキー at 12:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。