2018年12月31日

昭和の日本レコード大賞には威厳と感動がありました。

日本レコ−ド大賞授賞式1968年12月21日
本人が泣いて心からの感動...
今はないのがほとんどですね...

今はほとんど
歌いながら泣く人はいないです
あらかじめ結果も
分かってるようですし

感動して歌手が泣いたら
支える人達もいました

昭和のレコ大。。。
あぁ〜、いい映像ですねぇ〜。

遠い昔ですねぇ〜。

この頃の
日本レコード大賞
歌詞良し
曲良し
そして歌い手も良し
全て良かったですね

この泣きながら熱唱するシーンこそが
レコード大賞受賞者の特権だったのに。。。

マイクで清々堂々と直立不動で歌う姿こそが
昭和時代でした。

皆が口ずさめる歌
流行歌がないとレコ大とは言えないのです。

今では、
歌詞にも美的感覚がなく、

メロディーもただ騒がしい感じで、
歌唱力もなく、
絶叫型的な歌ばかりのようです。


当時は必ず
レコ大みて
紅白へが
大晦日の風物詩だった
ように思います

今のレコード大賞
レコードではなくて
CD大賞パフォーマンス大賞では?
歌唱力では成立していないように思います。


【関連する記事】
posted by マッキー at 10:33| 兵庫 🌁| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。