2018年12月02日

年越しそば、予定されてますか?!


池波正太郎が愛した蕎麦の老舗神田まつやの年越しそば
混んでますよねぇ〜

そば屋などでは大みそか、
お昼からそばを食べる人で行列ができたりします。

時間はいつでもかまわないようですが、
ひとつだけ決まりごとがあるようです。

年越しそば
は、
年を越す前に食べないと縁起が悪いそうです。


なぜ年越しにそばを食べるのかといえば、
そばが切れやすいことからとしきりそばとして
悪いことを断ち切って
よい1年を迎えるためにそばを食べようという
説や
細く長く無病息災を祈るためという意味で、
そばの実の殻が三角形をしているため破邪の形である
という説があります。

年越し蕎麦(としこしそば)とは、
大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、
年末の日本の風物詩で日本の文化であり風習でもあります。
地域による特色があり、
呼び方も晦日蕎麦
大年そば
つごもり蕎麦
運蕎麦
また、
大晦日蕎麦
年取り蕎麦
年切り蕎麦
縁切り蕎麦、
寿命蕎麦
福蕎麦
思案蕎麦
など
いろいろと多くあります。

江戸時代に定着した日本の風習で、
蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから
今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、
大みそかの晩の年越し前に食べる蕎麦とのことです。

近年では、大晦日に年越しそばを食べる人の割合は
6割近くにのぼり、
文化として深く定着していることが窺えます。

2,000円
3,200円
5,100円
5,443円
 

人気の年越しそば
¥3999
¥450
¥3240
¥3750
¥3564
¥3450
- PutiRaku -



posted by マッキー at 14:37| 兵庫 ☔| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。